TOP > 全戦績 > 1984

1984

Machine:TOLEMAN TG 184 / Tyre:Pirelli/Michelin / Car No.19

念願だったF1入りはこの年、トールマン・ハートの新人ドライバーとして14戦に参戦し果たされた。1981年にイギリスF.F.1600クラス総合チャンピオンとなり、この頃から天才ドライバーとしてヨーロッパで注目され始める。1983年にはイギリスF3王者となり、F1入りの夢が現実になった。F3時代から「2位になるのは死ぬほどいやだ」と公言。予選で1位になりながら、本選ではクラッシュすることもしばしばあった。トールマン・ハートはマシンの総合力としてはとても優勝をねらえるチームではなかったが、それでも強引に上位を狙うセナのドライビングは高く評価された。

デビュー戦のブラジルGPはリタイヤしたが、2戦目の南アフリカGPではいきなり5位入賞。このとき、セナは疲労のためマシンに乗ったまま失神し、メカニックに助け出されるというエピソードを残している。

「F1にセナあり」を知らしめたのは、第6戦モナコGPであった。レースは豪雨のなかで決行され、クラッシュするマシンが続出したが、セナは抜群のマシン・コントロールでみるみる順位を上げ、2位に浮上した。しかしレースは赤旗でレースは中止、惜しくも初優勝をあげることはできなかった(詳細は、「明暗を分けた豪雨のモナコ」を参照)。デビュー時からモナコのような難しいサーキットで、そのテクニックは輝いていた。この年の活躍で、翌1985年にロータスに移籍することになった。

Rd.開催日開催地マシンエンジン予選決勝備考
13/25ブラジルトールマン TG183Bハート L4ターボ16Rターボ・トラブル
24/7南アフリカ136
34/29ベルギー196
45/6サンマリノ28予選不通過
55/20フランス13Rターボ・トラブル
66/3モナコトールマン TG184132
76/17カナダ97
86/24デトロイト7Rサスペンション・アーム
97/8ダラス6Rドライブ・シャフト
107/22イギリス73
118/5ドイツ9Rアクシデント
128/19オーストリア10R油圧トラブル
138/26オランダ13Rエンジン・トラブル
149/9イタリア移籍問題で参戦せず
1510/7ヨーロッパ12Rアクシデント
1610/21ポルトガル33

ドライバーズ・チャンピオンシップ 9位(13ポイント)
平均獲得ポイント0.81
← 1973-19831985 →