TOP > 全戦績 > 1986

1986

Machine:LOTUS 98T / Tyre:GOOD YEAR / Car No.12

この年もアラン・プロストがマクラーレンTAGポルシェを駆って4勝を挙げ、総合チャンピオンとなった。セナは既に「F1界No.1の才能」と認められながらも、相変わらず戦闘能力の劣るロータスのマシンに悩まされ続け、どうしてもマクラーレンとウィリアムズのマシンには届かなかった。特にエンジンには不満を持ち、ホンダ・エンジンのうっとりするようなパワーでセナを追い抜くターボ・マシンを見て「ホンダのエンジンが欲しい」と強く思うようになっていた。

それでもスペインGPではナイジェル・マンセルの追撃をゴール寸前で振り切って優勝を果たし(詳細は、「大物の片鱗」を参照)、アメリカGPでもポール・トゥ・ウィンを決めている。マシンの力では完全に劣っていながら、マクラーレン、ウィリアムズの2強を脅かすそのスピードは全世界の注目を集めた。

ただ、セナ本人は「1周だけならルノーは申し分ないエンジンだよ。でもタイトルにはほど遠い。」と、ロータスサイドにエンジンの改良を求め続けた。その執念が翌1987年のホンダ・エンジンの獲得につながった。この頃から「セナは最強のマシンを与えたら誰も追いつけないだろう」と言われるようになった。

Rd.開催日開催地マシンエンジン予選決勝備考
13/23ブラジルロータス98Tルノー V6ターボ12
24/12スペイン11
34/27サンマリノ1Rホイール・ベアリングの破損
45/11モナコ33
55/25ベルギー42
66/15カナダ25
76/22デトロイト11
87/6フランス1R
97/13イギリス3R
107/27ドイツ32
118/10ハンガリー12
129/20オーストリア8Rアクシデント
139/7イタリア5Rギヤシャフト・トラブル
149/21ポルトガル14
1510/12メキシコ13
1610/26オーストラリア3Rエンジン・トラブル

ドライバーズ・チャンピオンシップ 4位(55ポイント)
ラップリーダー周回数135周(12.93%)
平均獲得ポイント3.438

← 19851987 →