TOP > 全戦績 > 1994

1994

Machine: WILLIAMS FW16 / Tyre: GOOD YEAR / Car No.2

レギュレーションの変更でセナのウィリアムズはもう絶対の存在ではなくなっていた。代わってベネトンのフォードが優位性を見せるようになっていた。

セナはブラジルGP、パシフィックGP、サンマリノGPとすべてポール・ポジションを奪いながら、本選ではリタイヤした。パシフィックGPをリタイヤで終わった後、「僕のF1はサンマリノから始まる」と意気込みを見せていた矢先の事故(詳細は、「イモラの悪夢」を参照)だった。セナにとってライバルに成長したシューマッハは開幕2連勝と絶好調をアピールしていた。アクティブ・サスペンションを失ったウィリアムズは明らかに動揺していた。最強マシンを再び手に入れたはずのセナはこの誤算に心が落ち着かなくなっていた。

通算41勝はプロストに次ぐ2位(当時)だが、セナはこの記録を伸ばし、プロストを追い抜くつもりでいた。1994年のグランプリでセナがこの後どんなレースを見せ、シューマッハを追いつめていくかが焦点だった。

Rd.開催日開催地マシンエンジン予選決勝備考
13/27ブラジルウィリアムズ FW16ルノー V101Rアクシデント
24/17日本1Rハッキネンと衝突
35/1サンマリノ1Rアクシデント

サンマリノGP中のクラッシュにより致命傷。18時40分、マジョーレ病院にて死亡。

← 1993