TOP > セナプロ対決 > Part1 確執への序章
 

1984.3.25 ブラジルGP   -   セナとプロストの初対決   -

1983年にイギリスF3選手権に初挑戦し、全21戦中13勝と圧倒的な強さでタイトルを獲得したセナは、この年の夏、ウィリアムズ、マクラーレン、ロータス、ブラバムといった一流チームのオファーを受けてテスト・ドライブや契約交渉などを行っている。しかし、現実は厳しく、各チームの加入の条件には多額のスポンサー料持ち込みや完全ナンバー2扱いといったものであった。唯一、納得できる条件を提示したのが新興チーム、トールマンである。1984年開幕戦ブラジルGP。セナは自国のレースで、決して一流とは言えない同チームからF1デビューを飾った。

一方のプロストはルノーと訣別し、このシーズンからマクラーレンへと移籍している。予選16番手からスタートしたセナは、ターボ・チャージャーのトラブルによりたった8周でリタイヤし、地元での初レースは散々な結果に終わった。当時、時代はターボ全盛。トールマンもハート製のターボエンジンを使用していたが、速さ、信頼性ともにいまひとつのエンジンだった。セナはシーズンを通してこのエンジンに泣かされることになる。逆にプロストはTAGポルシェという最強の武器を手にして、この年チームメートのニキ・ラウダと熾烈なタイトルを争いを繰り広げた。セナのデビュー・レースを制したのは他ならぬプロスト。トップにたったドライバーが続々とリタイヤする中、生き残っての優勝というプロストらしいレースを披露している。

1984.6.3 モナコGP   -   明暗を分けた「豪雨のモナコ」   -

1984年第6戦モナコGPを語らずして、セナをそしてセナとプロストを語ることは出来ない。決勝は豪雨の中で決行された。そのためクラッシュするマシンが続出したが、予選13番手からスタートしたセナは、抜群のマシン・コントロールを発揮してみるみる順位を上げていく。19周目には2位まで浮上し、ポール・ポジションからスタートしたプロストに詰め寄る。その時点でプロストとの差は35秒以上あったが、セナは1周あたり3秒ペースでその差をも縮めていく。ところが32周目に入り、突然、競技委員長のジャッキー・イクスがレースの中止を告げるレッドフラッグを振った。すでにスピードダウンしていたプロストのわきをセナが猛スピードで駆け抜けていく。一瞬、セナの大逆転、F1参戦6戦目での初勝利かと思われた。

結局レースは最終ラップの前周、31周目の順位で決定されることとなり、セナのF1初勝利は幻に終わった。あと46周もの周回数を残していたことや、フラッグのタイミングなど、トールマン関係者のみならず抗議の声が上がる結果だった。しかし、そのファイトとテクニックに溢れたセナの走りには大きな称賛がよせられた。また「優勝をもらった」とされるプロストだったが、この年たった0.5ポイント差でラウダにタイトルを奪われている。ポール・ポジションから順調なレース運びをしていただけにこのレースがハーフポイントでなければとも言え、結果的には両者痛み分けの状況だった。

1986.4.12 スペインGP   -   大物の片鱗   -

この年もマクラーレンのプロストが4勝をあげて総合チャンピオンとなった。しかし、シーズン毎にプロスト、ピケ、マンセルといった当時のトップドライバー達を脅かす存在になりつつあり、予選ではその速さを遺憾なく発揮し、8度のポールポジションを獲得する。しかし、本選ではポルシェやホンダのエンジンにはかなわないレース展開が繰り返された。それでも劣勢に立たされていたルノーエンジンでこの年2勝をあげている。

そのうちの1勝がヘレスで初めて行われたスペインGPである。ポールポジションからスタートしたセナは、ピケ、マンセル、プロスト、ケケ・ロズベルグといった強豪を抑え、非力なマシンでトップを死守する。この年、最強のホンダエンジンを手に入れていたウィリアムズのマンセルは燃料を節約するためレース序盤でスピードがあがらなかったが、30周目から脅威の追い上げに入り、プロスト、ピケを一気に抜き去り、40周目にはついに周回遅れに手間取っていたセナを抜いてトップに躍り出た。しかし、マンセルは残り9周でタイヤ交換のためピットイン。再びセナがトップに立ち、20秒のアドバンテージを得た。セナの楽勝かと思われたが、フレッシュタイヤに交換したマンセルは、3位でレースに復帰するとプロストを残り2周でパス。セナとの差は5.3秒まで縮まっており、マンセルがファイナルラップに入ったときには、さらに3.8秒を縮め1.5秒差まで迫っていた。鬼神の走りを見せるマンセルはついに最終コーナーでセナに並ぶ。セナもアクセル全開でフィニッシングラインを駆け抜ける。その差はわずか0.014秒。並み居る強豪を抑えて勝利した価値ある1勝だった。

レース後、セナとのバトルはなかったプロストが、マンセルを数周抑えてしまったことに対してマンセルにこう語ったとされている。「君が僕を抜こうとしたとき、もっとすんなり先を行かせてやればよかったよ。そうすればセナを抜けたかもしれないな」

1988.5.1 サンマリノGP   -   セナ・プロスト時代の幕開け   -

1988年。マクラーレンのマシンにホンダ・エンジンが積まれ、それをプロストとセナがドライブするという最強のチームが誕生した。統制のとれた組織力を持つマクラーレン。前年ウィリアムズにドライバーズ、コンストラクターズの両タイトルをもたらす原動力となったホンダ・エンジン。F1史上最多(当時)の28勝を誇るプロスト。既に16回ものポールポジションを獲得しているセナ。三拍子どころか、四拍子揃った完璧なチーム体制である。開幕戦のブラジルGPはセナが失格するという思わぬハプニングがあったものの、続くサンマリノGPは見事なパーフェクトウィン。予選ではセナ、プロストが3位に2秒以上の差をつけてフロント・ロウを独占。決勝では3位を周回遅れにする圧倒的な速さでセナが勝利を収めた。いよいよセナ・プロスト時代の幕は上がった。

1988.9.25 ポルトガルGP   -   確執の発端   -

1988年のマクラーレンは明確にジョイント・ナンバー1制を表明してシーズンに臨んでいた。そして、マクラーレンだけがずば抜けた強さを誇っている以上、当然2人のドライバーだけがタイトル争いを繰り広げることになる。ここまで抜群のチームワークで1位と2位を分け合ってきたかに見えたセナとプロストが、相手がタイトル争いの「敵」であることをはっきりと打ち出したのはポルトガルGPだった。6戦ぶりにポールをとったプロストだったが、スタート直後にセナにトップを奪われる。しかし、1周目の終わりにプロストはホームストレートで再びセナに並ぶ。セナは幅寄席してピットウォール側へと押し込めた。

実は、オープニングラップでイン側のスターティング・グリッドからスタートしたプロストは、スタート直後にセナをコース外側へはじき出すような幅寄せを行っており、これが1周目終わりのセナの行為を誘発したとも言われている。プロストはこのバトルに打ち勝って1位でフィニッシュ。セナはトラブルを発生させ6位という結果に終わったが、これが2人の確執の始まりとなった。

1988.10.30 日本GP   -   セナ、初栄冠   -

もはや伝説と化していると言っても過言ではないのが88年の日本GPだ。前戦のスペインGPを終了してプロストのポイントは90点(うち当時採用されていた有効ポイントでは84点)。一方のセナは79点。セナが初のドライバーズチャンピオンになるためには、どうしてもこのレースで優勝しなければならなかった。

予選ではたったひとり1分41秒台というスーパーラップをたたき出してポールを獲得したセナだったが、決勝のスタートでエンジンをストールさせてしまう。緩やかな下り坂になっている鈴鹿のホームストレートのおかげで、なんとかマシンは動き出したものの、あっという間に十数台のマシンが抜き去っていく。

トップを行くのは予選2位からスターとしたプロストである。しかし、手負いの獅子と化したセナは、ここからすさまじい追い上げを見せる。1周目の終わりには早くも8位まで浮上。降りだした雨をむしろ見方につけて11周目には3位、20周目にはプロストの背後までやってきた。27周目、プロストはシケインで周回遅れに出会い、最終コーナーの立ち上がりに手間取った。すかさずセナはプロストの背後から抜け出し、ついに1位へと躍り出た。セナ1位、プロスト2位でレースはフィニッシュ。こうしてセナは念願の初タイトルを手にしたのだ。5年目のシーズン、デビューから78戦目。セナにふさわしい極めてドラマチックな初タイトル獲得だった。