TOP > セナプロ対決

セナを語る時に欠かせないのが、「アラン・プロスト」というドライバーである。彼もまたセナとは違ったタイプであるが天才ドライバーの一人である。セナが「速い」ドライバーなら、プロストは「巧い」ドライバーである。プロストは緻密で正確なレース運びにより、16戦を通してチャンピオンを獲得するためのレース運びをする戦略家であり、これがプロフェッサーと呼ばれる所以である。
二人の天才ドライバーは、時に罵り合い、憎み合いながらも、お互いを認め合うまさに「ライバル」という言葉にふさわしい存在であった。

Part1 確執への序章 
- セナとプロストの初対決
- 明暗を分けた「豪雨のモナコ」
- 大物の片鱗
- セナ・プロスト時代の幕開け
- 確執の発端
- セナ、初栄冠

Part2 確執から和解へ
- 破られた紳士協定
- 悪夢のシケイン
- 「プロフェッサー」面目躍如
- 悪夢再び
- プロスト解雇
- ライバル不在のシーズン
- 新たなる対決のラウンド
- 和解

Appendix
- データによる比較